ページネーションとして使うlink要素の3つのルール

スタイルシートの外部ファイルを読み込むときにお馴染みのlink要素ですが、ページネーションの関係性を表すこともできます。
きちんと設定してあげることで検索エンジンにも正しく順序を伝えることができるので、ぜひ設定しましょう☆
ここでは設定のためのルールを3つご紹介します。

目次

  1. 前のページはprev、次のページはnextを指定する
  2. 最初のページと最後のページにご注意
  3. パラメータも含めて記述する

前のページはprev、次のページはnextを指定する

このようなページがあったとします。
http://www.example.com/search?page=1
http://www.example.com/search?page=2
http://www.example.com/search?page=3

2ページ目である
http://www.example.com/search?page=2
には、下記のようにprevとnextをそれぞれ指定します。

<head>
<link rel="prev" href="http://www.example.com/search?page=1">
<link rel="next" href="http://www.example.com/search?page=3">
</head>

最初のページと最後のページにご注意

最初のページである
http://www.example.com/search?page=1
には、前のページは存在しないためnextのみ記述します。

<head>
<link rel="next" href="http://www.example.com/search?page=2">
</head>

同様に、最後のページである
http://www.example.com/search?page=3
には、次のページは存在しないためprevのみ記述します。

<head>
<link rel="prev" href="http://www.example.com/search?page=2">
</head>

パラメータも含めて記述する

URLにパラメータが含まれているときは、href属性のURLにもパラメータを含んで記述します。

<head>
<link rel="prev" href="http://www.example.com/search?keyword=hogehoge&page=1">
<link rel="next" href="http://www.example.com/search?keyword=hogehoge&page=3">
</head>

おわり

rel=”prev”とrel=”next”はGoogleに対するヒントであり、必ずしもこの通りに処理してくれるわけではありません。
しかし、内部SEO対策とは”いかに検索エンジンに正しく情報を伝えるか”です。
なるべく取り入れていきたいですね。

Posted in SEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です