このシリーズについて

こんばんは。宮崎です。
本日、管理人の吉岡さんに、「これから週一ペースでブログを書きますよ」と宣言しました。なので、唐突ですがこれからこのシリーズを書いていこうと思います。^^

ネタがない

言ってみたはいいものの、しょっぱなから僕にはネタがありません。
始めは初心者の方向けの技術情報を書いていこうと思っていたのですが、3日坊主の僕には到底無理だという結論に至りました。

そこで思いついたのが、自分の失敗体験/はまった体験を書こう!ということです。

失敗ならしょっちゅうしてますからね。

このシリーズの目的

ネタがないことが主な背景ですが、このシリーズの目的を一応書かせてください。

ネット上は成功体験ばっかり!

例えば、WEBサイトをつくっていて、思い通りにコードが動かないとします。
その時はググります。ググると求めているそれっぽい情報が見つかります。
「やった、これで動くよー」と思います。
が、僕の場合、もう一つ思うことがあります。
なぜ自分は自力で解決できなかったのだろう。それに比べてこの情報を発信したた人はすごいぜ。。。」
つまり、モチベーションの低下です。
WEB上の情報って、最後の結果だけあって、そこに至るまでに経過が書かれていないことが多いです。
なので、あたかもその結論まで一瞬でたどり着いたんだと思ってしまいます。

でも、僕は必ずしもそうではないと思います。

どんなに情報を簡潔に発信している人でも、その結論にたどりつくまでにはそれなりの苦労をしているはずです!(たぶん)
そして、その苦労を知ることで、「なんだー。結構回り道してるんだ。」と安心するわけですね^^; 僕の場合、これでモチベーションの低下が防がれます。

調査の経過を知ることの重要性

コンピュータの世界では、いろいろな単語がでてきます。
一つの単語を調べると、その単語を説明している単語がわからない。。。なんてことは多々あります。
ゴールに一直線で辿り着くことのほうが稀だと思います。
一つを解決したと思ったら、今度は別の問題が、なんてことは日常茶飯事です。
でも、遠回りすることで学ぶことも増えます。

そして、他の人がどういう順序で調査していったのかは、とても興味深い!と僕は思っています。
僕のへぼい調査記録ですが、少しでも参考になれば幸いです。

失敗を嫌いにならない

最後に、
失敗したり、はまったりすることを嫌にならないで欲しいと思います。

正直、僕もはまりつづけるとストレスがたまって嫌になることもあります。
でも、この業界に入る前に比べて、だいぶ忍耐強くなったと思います。
最近は、失敗やはまることが若干楽しくなってきます。不思議ですね。

良く思うのですが、最初はわからないことだらけで、ググったり手を動かしたりして、失敗を繰り返し、少しずつ前進する。
これって、刑事がやっている捜査に似てるなーと。

少しずつ、情報が集まってきて、真実に近いづいていく感じですね。
最近はまってるクトゥルフ神話TRPGでもそんな感じで真相に近づきますwわー♪

トラブルを楽しめるようになれば、とっても素敵だと思います!

こんな感じで、今後はコンピュータの世界、もしくは、日常で、僕が失敗したこと/はまったこと、そして、そこからどう足掻いて抜け出したのかを書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です