バックエンドエンジニアとは?仕事内容や勉強方法まで徹底解説

webエンジニアには、大きく分けて「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」の2通りあります。
ここでは、バックエンドエンジニアとはどんな仕事なのか解説していきます☆

目次

  • バックエンドエンジニアとは
  • バックエンドエンジニアの業務内容
  • バックエンドエンジニアに必要なスキル・言語
  • バックエンドエンジニアの男女比と年収
  • オススメの勉強方法

バックエンドエンジニアとは

バックエンドエンジニアとは、サーバサイドのシステム設計・開発を担当するエンジニアのことです。

人員の少ない環境では、インフラ構築の専門家であるサーバエンジニアの業務も兼任することが多いです。
環境構築からDBやプログラムの設計、開発などを行います。

バックエンドエンジニアの業務内容

バックエンドエンジニアの業務内容は、ユーザの立場からはなかなか見ることができませんが
例えば、下記のような箇所にはバックエンドエンジニアが関わっています。

会員登録機能
register

新規記事一覧表示
news

バックエンドエンジニアに必要なスキル・言語

linux, apache, プログラミング言語(php, ruby, java等), mysql, javascript, html

javascriptやhtmlはバックエンドエンジニアの業務内容と直接は関係ありませんが、連携する部分が多いので必須となります。
また、MVCモデルのフレームワークが使われている現場が多いので1つは経験しておくと良いでしょう。
cakephpやcodeigniterがオススメです。

バックエンドエンジニアの男女比と年収

c069a5e427881386b00c6b6f12ff313b_s
web系の職種は女性率が高いと言われていますが、バックエンドエンジニアをしている女性は極めて稀です。
私の体感としては98%くらいが男性でした。

女性は希少なため、メディアに取り上げられることも多いです。
狙うなら今かもしれません…!
ラシュリエはエンジニアになりたい女性を応援しています。
スキルがなくてもやる気のある方、ぜひお気軽にご連絡ください*^^*

フロントエンドエンジニア同様、年収には450万円〜1,000万円とばらつきがあります。底はフロントエンドエンジニアより若干高くなっていますが、高額であればどちらの知識も求められると思われます。

オススメの勉強方法

掲示板やtwitterの実装が定番です。DBを使ったプログラムの基本的な流れを学ぶことができます。
また、会員登録・ログイン機能は少し特殊(だけどwebサービスを作るためには定番)な動きをしますので、一度練習で作ってみることをオススメします*^^*

良いプログラミングライフを送ってください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です